エンジニアの転職の話

とあるブログ記事がバズっていたので、記事にしてみました

こちらのブログです。転職ドラフトが本当にそこまで年収がドンと上がるのかは私自身はしらないのですが、ブログに書いているとおりだときっとそうなのだと思います。

共感したのは下記の部分です。下記に引用します。

転職先の仕事内容がどうしてもやりたかったことならば、それは喜ばしいことだけれど、僕が不幸だと思うのは、本当はやりたいことは現在所属している企業にあるのに、年収によるミスマッチによって転職を余儀なくされるというケース。

上記は本当にそう思います。私の周りでも本当に優秀な方がおりますが活躍したからと行って給料がドンとアップするわけではありません。給与テーブルに則ってちょいちょい上がるだけ、という人が多いです。

なので年収を増やすには転職するしかないという感じになってしまいます。

やりがいは大事ですが大抵はお金のほうが大事です。弊社も営業が強い会社なので是非エンジニアにおいては給料の見方を変えてもらえるとうれしいですね…私はまだ査定時期が来ていないので、次の査定で会社がエンジニアのことをどう見てるか判断しようと思います。